前へ
次へ

禁煙を医療機関で保険適用で行うとき

禁煙に関する体験本や禁煙グッズなどが売られています。
喫煙習慣がある人であれば一度は禁煙に興味を示したことはあるでしょう。
又自分では辞めるつもりがなくても周りから禁煙をした方がいいと言われるかもしれません。
喫煙習慣がある人が喫煙をする理由として2つあり、一つは体が欲しているために行う状態でもう一つは精神的なストレスを解消するために吸うようです。
どちらも無くさないと禁煙はできず、なかなか辞められない原因にもなっています。
医療機関の中には禁煙外来と呼ばれるサービスを提供するところがあり、こちらを受診すると禁煙できる可能性が高くなります。
このとき保険適用で受けられるか適用外になるかの診断があり、保険適用となるとかなり安く治療が受けられます。
保険適用になるにはニコチン中毒症状が出ている必要があり、そのための問診などを受ける必要があります。
医療機関に行けば誰でも安く禁煙ができると考えがちですが、病気の状態でないと保険適用になりません。

Page Top